【翻譯】鼓動(中篇)(咎狗SA日文同人)

 

(2)

 

  俺は強い。

  我很強大。

  誰にも負けない。

  不會輸給任何人。

  恐れるものは何もない。

  沒有任何懼怕的事物。

  俺を倒せる者など誰も居ない。

  能夠打倒我的那種傢伙並不存在。

  俺に恐怖を感じされられる者も居ない。

  能讓我感到恐懼的傢伙也不存在。

  つまらない。

  無趣。

  俺は強くなければならない。

  我必須強大。

  勝つことだけが俺の生きている意味。

  只有勝利是我生存的意義。

 

 

  なのになぜだ…

  既然如此為什麼…

 

  あいつはもう居ない。

  那傢伙已經不存在了。

 

  俺は自分の意思を貫き、信念を全うした。

  我貫徹了自己的意識、信念。

 

 

  それなのになぜ…

  既然如此為何…

 

 

  何もかも乾いてしまったような感覚に陥る?

  會有什麼都宛如乾涸般塌陷下去的感覺?

  全てを失ってしまったような焦燥感。

  像是全部都失去一般的焦躁感。

 

 

  今でも夢に出てくる奴…

  現在也依然會出現在夢中的傢伙…

 

  『お前の負けだ…』

  『是你輸了…』

 

 

  感情のない声。

  沒有一絲情感的聲音。

 

 

  そう…心を揺るがす感情などいらない。

  沒錯…並不需要那種會動搖心思的感情。

  もう生きることにも死ぬことにも興味などない。

  活著的事,死亡什麼的,都沒有興趣。

 

 

  俺は……敗者なのだから。

  因為我……是敗者。

 

 

  もう…なにも考える必要はない。

  已經…沒有任何需要思考的必要。

 

 

 

 

  『………シキ……』

  『………Shiki……』

 

 

  ずっと……遠くの方から誰かの声が聞こえる。

  一直……聽得見從遠方傳來誰的聲音。

  それが誰なのか、何を言ってるのか………分からない。

  那是誰,說了什麼那種事……並不清楚。

  そんなこと…もうどうでもいい…俺には関係ないことだ。

  那種事…已經怎樣都好…和我沒有任何關係。

 

  だがその声は、聞けば聞くほどひどく懐かしく………愛おしい…

  但是那個聲音,越聽越強烈地懷念起來……令人憐愛…

 

  微かに聞こえるこの声が心地よく、深い眠りに落ちてしまいそうだ。

  微弱地聽見的這個聲音令人舒暢,宛如要墜入深沉的睡眠之中。

  何か思い出しそうで……思い出せない。

  什麼也想不起來…無法想起來。

 

  長い間…ずっと聞こえていた声。

  漫長的時間裡…一直聽得見的聲音。

 

  俺は何を思い出そうとしている?

  我到底是想想起什麼?

  もう…何もかも捨てたはずだ。

  早已…什麼都捨棄了才對。

  今更何かを知ったところで俺の居場所などない。

  事到如今所知當中已經沒有我能存在的地方。

 

 

  『……――その時は俺も一緒に死なせてくれ…』

  『……──那個時候也讓我和你一起死吧…』

 

  また……微かに聞こえる声。

  再次……微弱聽見的聲音。

 

  ……一緒に…死ぬだと?

  ……一起…死去?

 

  俺はまだ死んではないのか?

  我還沒有死去嗎?

  俺と死にたい奴など…居るのか?

  有…想和我一起死去的傢伙嗎?

 

  馬鹿な…そんな者…居るはずがない。

  怎麼可能…那樣的人…不可能存在。

 

  だが、俺は確かにこの声の主を知っている。

  但是,我確實知道這個聲音的主人。

 

  深く…深いところから聞こえるその声は、時に明るく、時に切なく…

  深奧的…從深處聽見的那個聲音,時而明朗,時而難受…

  時には泣いているようにも聞こえた。

  有時宛如哭泣一般。

 

  そう、今は…泣き声しか聞こえない。

  沒錯,現在…聽不見哭泣以外的聲音。

 

  お前はなぜ泣いている?

  你為什麼在哭?

  なぜ…そんなに悲しそうな声なんだ…

  為什麼…是那樣悲傷的聲音…

 

  お前を苦しめているものはなんなんだ?

  讓你如此痛苦的事是什麼?

 

  …俺は知りたいと思うようになっていた。

  …我像是想要知道一般地思考著。

  この声の主を…

  這個聲音的主人…

  そして…その悲しい声の訳を…

  還有…那個聲音如此悲傷的理由…

 

 

  初めてそう思った瞬間―――

  第一次如此想的那個瞬間──

 

  『………シキ………』

  『………Shiki………』

 

  今までにないほど、はっきりと聞こえた声。

  聽見了以往不曾有的,清楚的聲音。

  その声はとても儚く……切ない声だった。

  那個短暫的……令人難受的聲音。

 

  俺は知っている……

  我知道的……

 

  この声の主を…

  這個聲音的主人…

 

 

 

  『……アキラ……』

  『……Akira……』

 

 

 

 

 

  『パンッ!パンッ!』

  『嗙!嗙!』

 

  銃声……?

  槍聲……?

 

  『パンッ!!』

  『嗙!!』

 

 

  「…………」

  「…………」

 

  目の前が明るくなる。

  眼前逐漸變得明亮起來。

  すぐ目に入ったのは、男の顔だった。

  迅速映入眼簾的,是一個男人的臉。

 

 

  思い出した…

  想起來了…

  俺が見つけた所有物。

  我找到的所有物。

  どんなことがあっても俺に刃向かい、反抗の瞳を向ける。

  無論我如何地將刀刃揮舞相向,反抗的眼瞳都會直率地迎接過來。

  その目は俺にとって心地良いほど荒しく、美しい

  那雙眼對我來說是如此令人舒暢的粗暴,美麗。

  瞳も、表情も、声も、体も…

  眼睛,表情,聲音,身體…

 

  全てが俺を掻き立てる。

  全都在撩撥著我。

 

  名は………アキラだ…

  名字是………Akira

 

 

  なぜ…

  為什麼…

 

  今のお前はそんな目をしている?

  為什麼現在你會那樣看著?

  …今にも閉じられそうな瞳

  …現在也是好似要閉上一般的眼瞳。

 

  なぜそんな表情をしている?

  為什麼會是那樣的表情?

  …苦痛にゆがんだ青ざめた顔

  …被痛苦扭曲了的發青臉龐。

 

  「……シ……キ…」

  「……Shiki…」

 

  なぜそんな声をしている?

  為什麼是那樣的聲音?

  …声にならない掠れた言葉

  …無法發出聲音般嘶啞的話語。

 

  なぜそんな体をしている?

  為什麼會變成那樣的身體?

  …唇からは血が垂れ、服の上からからでも分かる血の温もり

  …唇邊掛著血絲,衣服上也散佈著溫暖的血。

 

 

 

  身動きが出来ない。

  身子無法動彈。

 

 

 

 

  「……シ…キ……っ……ごめん……な…っ…」

  「……Shiki……唔……抱歉……啊……」

 

  なぜ謝る?

  為什麼要道歉?

 

  なぜ…

  為什麼…

 

 

  動かないんだ?

  動彈不了?

 

 

 

  「……ア…キラ……」

  「……Akira……」

 

  やっと出てきた声にも、アキラは返事をすることなくただ瞳を閉ざしていた。

  終於發出了聲音,卻沒有聽見Akira的回應,眼睛依舊緊閉著。

 

 

  夢……なのか?

  是……夢嗎?

 

 

  「…シキ?」

  「…Shiki?」

 

  重い頭を上げると、そこには見慣れない男が立っていた。

  抬起了沉重的頭,那裡站著一個沒有見過的男人。

 

  「お前…目を覚ましたのか?」

  「你…醒過來了嗎?」

 

  男は心底驚いた表情で俺を見てきた。

  男人用打從心底感到震驚的表情盯著我。

 

  「…そんなことは後だ、早くアキラを病院に……この近くに闇医者がいる。俺の古くからの知人だ。お前…歩けないだろうから少しここにいろ。俺はアキラを運んだらすぐに来る!」

  「…那件事等等再說,快點將Akira送到醫院……這個附近有個密醫。他是我的老朋友。你…應該還沒辦法走路就待在這裡吧。我將Akira帶過去馬上就回來!」

 

  男は、動かなくなったアキラを抱き抱え、走り去った。

  男人將無法動彈的Akira抱起身,朝外頭跑了去。

 

  残ったのは俺と……俺の服に染み付いたアキラの血痕。

  留下的只有我……和我的衣服上染上了的Akira的血跡。

 

  俺はいつから眠っていたんだ…

  我什麼時候開始睡過去的…

  立ち上がろうにも体が思うように動かない。

  想要站起身身體卻無法照預想的行動。

  アキラは……死んだのか?

  Akira……死了嗎?

 

  「……………」

  「……唔………」

 

  そう思った瞬間、寒気がした。

  那樣想的瞬間,寒氣突然竄上。

  次第に鼓動が激しくなる。

  心臟的跳動逐漸變得劇烈。

  なんだ……この感覚は…

  什麼……這種感覺…

 

  この俺が……

  這樣的我……

 

  何かに恐れている…

  在害怕著什麼…

 

  「……アキラ……」

  「……Akira……」

 

  未だ朦朧とする意識の中でも、膝に残っていたアキラの温もりが消えていくのがわかった。

  即使是在依然朦朧的意識中,也感覺得到膝上殘留著的Akira的體溫正在逐漸消失。

 

  見慣れたはずの血の跡を、俺は目を閉じることで拒絶していた。

  沒有見慣的血的痕跡,我像是在拒絕一般將眼睛闔上。

  そして再び…意識は闇へと沈む。

  然後再度…意識朝黑暗中沉入。

 

  次に目覚めた時は、見知らぬ部屋の天井が目に入った。

  再一次醒過來時,沒有見過的房間的天花板映入眼中。

 

  「シキ、起きたか…」

  「Shiki,起來了嗎…」

 

  アキラを連れて行った男が、俺の横に立つ。

  Akira帶走的那個男人,站立在我躺臥的一旁。

 

  「俺は源泉だ。イグラがあった時からのアキラの仲間ってとこだな。今までお前とアキラの手助けをしてきた」

  「我叫源泉。算是伊古拉那時和Akira認識的夥伴。一直以來幫忙著你和Akira

 

  男は俺に恐れた素振りもなく、椅子に座って俺を見下ろした。

  男人以絲毫不恐懼我的態度坐在椅子上從一旁俯視著我。

 

 

  「……アキラは…どこだ…」

  「……Akira…在哪裡…」

 

  考える前に言葉が出た。

  在思考前話語就脫口而出。

  源泉と名乗る男は少し笑みを浮かべ、隣の部屋へと見線を向けた。

  那叫做源泉的男人浮現出了少許的微笑,朝隔壁房間的方向看去。

 

  「心配するな、なんとか一命は取り留めた。体に残った弾も全て取り除き…今は死んだように眠っている…」

  「不用擔心,總算一條命撿了回來。身體殘留的子彈全都取了出來…現在就像死了一樣沉睡著…」

 

  生きていたのか…

  還活著嗎…

 

  「……なぜだ?」

  「……為什麼?」

 

  なぜこんなことになっているのか…源泉は全てを語った。

  為何會變成現在這樣…源泉全都說了出來。

 

 

  俺の意識がない間、アキラが俺に成りすまし、守っていたこと。

  在我沒有意識的期間,Akira代替了我,一直守護著的事。

  俺の追っ手によって打たれたこと…

  將追擊我的殺手全都擊退的事…

 

 

  そして…

  然後…

 

 

  「銃の弾を調べてみたら、やはり軍ののもでかなりの威力がある銃だ。普通なら人間の体を貫通するほどのものなんだが……打たれた3発とも、アキラの体内で止まっていた。お前さんにはこれが…どういうことかわかるか?」

  「稍微調查了一下彈殼,果然是軍方那有著相當威力的槍械。一般來說是會貫穿人體的程度的東西…雖然被擊中了三發,卻都停留在了Akira的體內。你知道…這是代表什麼意思嗎?」

 

  呆れの混じる源泉の言葉に、俺は何も答えなかった。

  對於源泉的問話,仍處於驚愕混亂中的我什麼也回答不出來。

 

  「…弾が貫通してれば確実にお前にも当たっていた…」

  「…子彈若是貫穿的話,確實連你也會被打中…」

 

 

  ……アキラ……

  ……Akira……

 

 

  「アキラは…執念でお前を守ったんだよ。半端な気持ちじゃねぇーな…」

  Akira啊…一直執著地保護著你哦。不是抱著半吊子的心情吶…」

 

 

  なぜ…そこまでする?

  為什麼…要做到那種程度?

 

 

  「今度はお前が守る番だ…シキ…」

  「現在輪到你來守護了…Shiki…」

 

  源泉は俺の元に車椅子を持ってきた。

  源泉推來了我原本所坐的輪椅。

 

  「これも……いずれはアキラが使うことになる…」

  「這個也是……總有一天也會成為Akira用得到的東西…」

 

  その言葉を残し、部屋を出て行った。

  留下那樣的話語,便從房間裡出去了。

 

  「……馬鹿な奴だ…」

  「……真是個笨蛋…」

 

  トシマから抜け出した時に自由にした。

  脫離豐島的時候就應該已經自由了。

  それからも俺のそばに居たことは覚えている。

  我記得即使那之後也依然待在我的身邊。

  だが、その後の記憶が曖昧で分からない。

  但是,那之後的記憶過於模糊不清而記不清楚。

 

  俺は完全に自分を見失っていたはずだ。

  我應該已經完全丟失了自己。

 

  それなのになぜ…

  既然如此為什麼…

 

  それでもお前は俺のそばにいるんだ?

  即使如此你依然待在我的身邊?

 

 

 

 

  『…お前の所有者はこの俺だ…』

  『…你的所有者是我…』

 

 

  所有者…

  所有者…

 

  主…

  主人…

 

 

  『俺は…最後まで俺の意思に従う』

  『我…直到最後都會遵從自己的意志。

 

 

  お前は、俺の所有物ということを選んだのか…

  你自己選擇了,成為我的所有物嗎…

 

 

  「……アキラ…」

  「……Akira…」

 

 

  だとしたら…

  既然如此…

 

  今度は俺が…

  這次輪到我…

 

  主である俺が…

  身為主人的我…

 

  …お前を守ってやる。

  …來守護你。

 

 

 

  ――半年後――

  ──半年後──

 

 

  「………アキラ…」

  「………Akira…」

 

 

  ベッドに横たわるアキラを見下ろす。

  俯視著躺臥在床上的Akira

 

  あれから、半月が経っても…未だアキラは目覚めない。

  從那之後,半個月過去…Akira也未曾甦醒過來。

  胸や足の傷は治り掛けているのにも関わらず、反応は一度もない。

  與胸或腳的傷都已醫治好無關,不曾有一絲反應。

 

  アキラが眠り続けている間、俺はやっとの思いで前の体へと戻した。

  Akira繼續沉睡的期間,我終於恢復到了過去的身體。

  アキラを守る為に…

  為了守護Akira

 

  まだ完璧ではないこの体でも雑魚ぐらいは片付けられる。

  即使尚未恢復完全的這個身體也能應付雜碎程度的傢伙。

 

 

  「……いつまで寝ているつもりだ…」

  「……到底打算睡到什麼時候…」

 

 

  体の傷が治っているのにも関わらず意識が戻らないのは、アキラ自身が目覚めるのを拒絶しているからだ。

  即使身體上的傷醫治好也和意識恢復無關,是因為Akira本身拒絕著清醒過來。

 

  お前は…何を怖がっている?

  你到底…在害怕著什麼?

 

 

  そんなことを問いかけても、今の俺にはその答えが分かっていた。

  即使不問這種事,現在的我也已知道了那個答案。

 

 

  俺には怖いものなど何もない。

  我沒有任何恐懼的事物。

  求めていたものは全て失くした。

  所追求的事物都已全部失去。

 

  そして…失くしたと同時に手に入れた。

  然後…失去的同時也得到了。

  nの呪縛から開放された。

  N咒縛當中解放開來。

 

 

  だが…

  但是…

 

 

  人の目覚めを待つということが…

  等待他人甦醒這件事…

 

 

  どれほど苦痛で…

  是如何地痛苦…

 

 

  恐怖心を煽られることだったとは…

  是如何不斷煽動著恐懼的心理…

 

 

 

  俺は今まで気付かなかった。

  至今為止我從來不曾察覺過。

 

  「お前も…こんな思いだったのか?」

  「你…也是這樣想的嗎?」

 

  アキラには俺の声など聞こえていないだろう

  Akira是無法聽見我的聲音吧。

 

  「……いい加減………答えろ…」

  「……你也夠了………回答我…」

 

  反応はない。

  沒有反應。

  そのことに何度目かの苛立ちを覚えながらも、俺はそっとアキラを抱きしめることしか出来なかった。

  那樣的事記得已是多少次地備感焦躁,我除了悄悄抱Akira也沒有別的辦法。

 

  俺の鼓動はいつまでも止むことはない。

  心臟的鼓動不曾有一刻的停止。

 

 

 

  アキラが

  直到Akira

 

 

  目覚めるまでは

  醒來為止。

 

 

  『……アキラ……』

  『……Akira……』

 

 

 

 

 

To be continue.

 

發表留言

秘密留言

自我介紹

アレックシア

Author:アレックシア
目前追集中──

【漫畫】
黑子的籃球
東京食屍鬼
只有神知道的世界
最遊記BLAST
中村老師作品系列
Super Lovers
Skip Beat
愛麗絲學園
好想告訴你
3月的獅子
姊嫁物語
真的是聲優嗎

【夏番】
黑子的籃球
刀劍神域SAO

【遊戲】
PersonA ~オペラ座の怪人(PC)
十鬼の絆(PSP)

【隨寫】
試圖寫完一篇網誌中。

月曆
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
類別
最新文章
月份存檔
最新留言
關於本網誌
宅。腐。生活札記
近況
最近在做的事:   
搜尋欄
萌え
Nitro+CHiRAL Presents The fifth anniversary DRAMA CD『CHiRAL CAFEへようこそ』 Nitro+CHiRAL Presents The fifth anniversary DRAMA CD『CHiRAL CAFEへようこそ』 Nitro+CHiRAL Presents The fifth anniversary DRAMA CD『CHiRAL CAFEへようこそ』 【Starry☆Sky ~in Winter~ 応援中!】 【Starry☆Sky ~in Autumn~ 応援中!】 【Starry☆Sky ~in Summer~ 応援中!】
連結
加為部落格好友

和此人成爲部落格好友